学費水準:低

マラヤ大学
マレーシア有名国立大学。国内トップの大学で、世界大学ランキングでトップ100入りもしている。
アジア・世界の大学ランキングで毎年順位の上昇傾向がみられ、ランキングの上位維持をしている国立大学です。英国の大学評価機関のクアクアレリ・シモンズ社(QS)の世界ランキングで2021年には59位まで上昇しました。4-5年前には150-200位程度だったので、ここ数年急上昇していのは一目瞭然です。マレーシア国内ランクのSetaraランク2017年では最高位のティア6を取得しています。また、国内最大規模のキャンパス(750エーカーで東京ドーム約65個に相当)がクアラルンプール内に位置しており、キャンパス内にはバスも走っているほどです。国立大学ということもあり、複数の学部はマレー語のみ扱うことがありますが、ビジネスなどのメジャーな学部は英語で行われています。ただし、マレー系マレーシア人が優先され他人種マレーシア人や留学生には狭き門となっています。 学部のカテゴリーは理系・文系共に多岐に渡っており、私立のような高い学費を払わずとも最高ランクの教育を受けることが出来ます。卒業生には、現マレーシア首相マハティール・ビン・モハマドを含め、過去マレーシアの首相、副首相・シンガポール首相、副首相など複数名在籍していました。
厦門(あもい、シャーメン)大学
中国トップクラス国立大学がマレーシア分校を開校、学費や寮費が格安
中国で12位、アジアで37位、世界で400位台(THEランキング)にランクされるアモイ大学が2016年マレーシアに開校した初めての海外分校です。KL国際空港に近いセパングに、巨大で美しいキャンパスを拡張中です。同大学の特に有名な学部は、ジャーナリズム、経済学、化学、海洋学と言えます。教授の80%以上はPHD保有者で教育の質を重視しています。 中国からは選抜された優秀な生徒が国費で送られてきており生徒の質も高いですが、開校直後のため留学生に対する入学基準は比較的緩く設定されています。 通常の学部の授業はすべて英語で行われます。将来、中国でビジネスを展開したいと考える方には、「Doing Business in China」の科目を含んだ「国際経営学部(International Business)」なども有望と思われます。学費や寮費はかなり割安で最もコスパのよい選択の一つと言えます。
YTLホテル経営国際大学
5ツ星ホテル運営会社YTLの幹部養成学校的な存在
YTLホテル国際経営大学は、マレーシアの高級ホテル運営会社YTLによって運営されるホテル経営、料理芸術などの専門大学です。キャンパスはブキビンタン(マレーシアの銀座と呼ばれる)の繁華街にありあり、キャンパスの近くには、YTLの所有するマリオットホテルやリッツカールトンホテルがあり、これらが学生の実習の場となります。今のところ提供する学位はディプロマのみですが、ホテル経営、料理芸術、ベーキング、イベント経営、スパ経営など専門的なコースが用意されています。 各ディプロマコース(2.5年)は、豪州International College of Hotel Management(ICHM), Australiaとの二重学位取得制になっていますので、マレーシア国内で豪州のホスピタリティ有名大学の学位が取得できます。(バチェラー取得のためには実際の豪州の同大学で更に1年学習する必要があります。) 就職はYTLグループ内にすることが多いため、同大学はYTLグループの幹部候補養成学校的な要素が強いです(卒業生の56%が同グループ内に就職)。なおYTLはニセコでもリゾートホテルを複数所有しており日本での就職の機会も広がります。 また、同大学はホテル経営のディグリーコース新設を当局に申請中で、認可されれば数年以内に同コースの提供が開始できるということです。
アジアパシフィック大学
技術&ビジネス系学部に定評あり。就職率は95% 短期語学留学、休学留学も可。
アジア太平洋大学(APU)はマレーシア大手の教育機関であるAPIIT Education Groupが運営する大学です。ITや工学など技術系に強い大学ですが、ビジネス、経営、会計、ファイナンス等の文系学部も充実しています。マレーシア高等教育省SETARA2011年、2013年、2017年のレーティングで、準最高格付けのティア5「エクセレント」を3期連続取得するなど数々のアワードを受賞しています。新メインキャンパスは2016年クアラルンプール郊外のブキジャリルにあるTechnology Park Malaysia (TPM)内に完成し、非常にモダンでハイテクな環境で勉強できることが利点となっています。なお語学コースは同じ敷地内になる旧キャンパスで行われます。 長年、英スタフォードシャー大学と提携しデュアルディグリー(両学位取得制)を提供してきましたが、より独自で革新的な大学を目指し2019年に提携を解消しました。すでに英国の大学から学ぶものはない、という自信の表れと言えます。その後、それでも英国大学の学位が欲しい、という声に答え、多くの学部で英ドゥモントフォート大学(De Montfort University)とのデュアルディグリーを選択制としています。 就職率は95%-100%と言われ、卒業後は、世界中に活躍の場が広がります。
セギ大学
マレーシア最大級規模の総合大学、学費はなんと年50-60万円!
セギ大学は、1977年国内大手高等教育機関であるSEGi University Groupによって設立された大学です。現在は、6キャンパス(内クアラルンプール圏内に3キャンパス)に計25,000人の生徒数を有する国内最大の私立大学に成長しています。また同グループはマレーシア証券取引所に上場する時価総額で国内最大の教育機関となっています。また、マレーシア国内のSETARAランキングでは、過去2回EXCELLENTに選ばれ、他のテイラーズ、サンウェイなどの有名大学と同じ評価を得ています。 看板学部は、オプトメトリー(検眼医学)と言われていますが、現在はすべての学部に力をいれた超総合大学になっています。また現在多くの学部で英University of Central Lancashire(セントラルランカッシャー大学)とのデュアルディグリーを提供しています。学費は他の有名私立大学(SUNWAY、TAYLOR'S等)の約2/3程度(年間60万円程度)とかなりの割安感がありますので、費用を抑えてマレーシアの大学と英国大学の両方の学位を取得したい、というニーズにはあっていると思われます。 コタダマンサラのメインキャンパスはコロニアルローマスタイルのドームが印象的です。今のところ日本人学生は少なく英語力の上達には適した環境と言えます。
ヘルプ大学
英国&豪州有名校とのツイニングの宝庫!でも学費は超格安!
ヘルプ大学は、1986年に設立された廉価でありながら上質の教育を提供する私立大学です。特に心理学で定評のある大学です。 メインキャンパスとカレッジはクアラルンプールの市街にも近い高級住宅地のダマンサラハイツ付近にあり、2016年には13,000人の学生を収容できる統合キャンパスがクアラルンプール郊外のスバン地区に開校しました。 ツイニングプログラムは、英国の複数大学、米国の1大学とそれぞれ3+0、4+0のツイニングがあり、マレーシアだけで格安に提携校の学位が取れる仕組みになっています。(ただしロンドン大学国際プログラムは1年のファンデーションコース受講要。)また2+1、1.5+1.5、1+2のツイニングが多くの有名英国大学、有名豪州大学とアレンジされており、トランスファー(単位交換)により最終的に海外提携大学の学位が取れる仕組みを豊富に揃えています。ロンドン大学、メルボルン大学、オーストラリア国立大学、クイーンズランド大学などの世界上位ランク校の学位取得を希望する方にもおすすめです。

お問合せ/個別相談予約/スカイプ&LINE相談/資料請求

換算為替レート

当サイト中のマレーシアリンギットおよび米ドルレートの円換算は、断りのない限り下記レートで行っています。

RM→YEN:
26.0000
USD→YEN:
104.0000
Updated: 2021/1/9