INTI大学ニライキャンパスを見学してきました。勉強には理想的な環境です!

kosaka

INTI大学ニライキャンパスを見学してきました。
INTI大学と言うと、いつもスバンジャヤキャンパス訪問ばかりで、メインキャンパスのニライは久しぶりの訪問となります。

ニライは都心から車で40分くらいの学園地域ですが、現地の方でも実際あまり行かれたことがない「未知」の場所かと思います。ただ、KL国際空港には近いので、日本と行き来する場合は便利なんですけど、、、、

ほんとは大学視察ツアーなどに組み入れたいのですが、やはりあれだけ遠いと効率が落ちるので、INTIを訪問する場合は、具体的ご要望がない限り、迷わずスバンジャヤキャンパスを組み入れていました。

ただ、今日久ぶりに訪問した感想は、スバリ
「勉強するには素晴らしい環境だ!」これにつきます。

キャンパスは広々としていて、施設は充実しており、周囲は山やジャングルの大自然に囲まれており、勉強に集中できる理想的な環境と言えます。個人的にもあのゴチャゴチャとしたスバンジャヤよりニライのほうが好みです。

それにスバンジャヤと比べると、授業料も寮費も物価も安いし、おまけにあまり遊ぶ場所もないので、余計なお金がかかりません。仮に、私の息子がINTIに入ったなら、迷わず「ニライに行け!」と言います。(笑)

それに今日はニライキャンパスのもう一つの魅力を発見しました。実はマレーシア留学で中国語も勉強したい、という声をよく頂戴していました。ところが意外に大学の科目で中国語というものがありません。マレーシアの大学は基本英国式で文系は3年間で卒業ですので、学部に入るとほぼ専門科目オンリーです。語学のような一般教養はほとんど用意されていません。

ところがINTIのニライキャンパスは、ビジネスコースやマスコミコースでも中国語を取ることができます。(もちろん単位になります。)これがスバンジャヤキャンパスではできないそうです。もし中国語も勉強したい、ということならニライに来るしかありません。(もちろん外部の語学学校の中国語クラスに通うことはできますが、お金が余計にかかります。)

そんなニライキャンパスを、もう少し見ていただけるよう、今後積極的に視察アレンジしたいと思います。人により好みがわかれると思いますが、理想はまず両方のキャンパスを見ていただくことです。これはHELP大学にも当てはまります。(HELPも都心と僻地の両方にキャンパスがあります。)視察される方も、少し余裕を持った日程どりをしていただけると助かります。

KL(および周辺)の地理、交通事情を(もちろん学校事情も)熟知した私が、安全運転でご案内します!

画像はFBページでご覧ください。
https://www.facebook.com/ryugakumy/photos/pcb.1324666667555318/132466489...

ブログカテゴリー: 

フェイスブックへ「いいね」!

「ブログ記事」、「学校訪問記」、その他の貴重な情報をタイムリーに購読したい方は、下記フェイスブックページへ「いいね」!

「マレーシア格安留学情報」FBページ

ウェイブサイトにこれら情報を更新した際、同時にFBページにも投稿しますので、タイミングを逃しません!

お問合せ/個別相談予約/スカイプ&LINE相談/資料請求

換算為替レート

当サイト中のマレーシアリンギットおよび米ドルレートの円換算は、断りのない限り下記レートで行っています。

RM→YEN:
25.2000
USD→YEN:
107.5000
Updated: 2020/7/5