インター校視察ツアー 1月16日&17日 (GIS, ISP, BSKL)

kosaka

1月16日&17日の2日に分けてインター校視察を行いました。今回の依頼者はこの4月よりマレーシアに赴任される駐在員ご家族で、対象のお子様はまだ7歳と4歳という非常に若いご兄弟です。

駐在員様の場合は「留学」とは言えませんが、最近、〇〇人学校の代わりにインターナショナルスクールを志向されるご家族が増えており、この数ヵ月だけでも数組の駐在員ご家族のインター校入学をサポートしています。あるお母様いわく、「マレーシアに来てまで昭和の教育を受けさせたくない」ということでした。(あくまでお客様のお声です。)

今回視察に組み入れた学校はどちらかと言うとハイエンド(特にうち2校は)と考えられる学校で、いわゆる親子留学ではなかなか選択できない学校かと思います。もちろん多くの駐在員様でもなかなかできない選択ではありますが。

視察されたその3校とは下記のとおりです。

1、ガーデンインターナショナルスクール(GIS)
http://www.m-ryugaku.com/schools/gis

2、インターナショナルスクール@パークシティ(ISP)
http://www.m-ryugaku.com/schools/isp

3、ブリティッシュスクールKL (BSKL)
http://www.m-ryugaku.com/schools/bskl

どの学校も(学費が高いだけあって?)英語ネィティブの教師、生徒比率の高い学校で、施設もすばらしく、やはり恵まれた環境という印象です。またどの学校も英国カリキュラムを採用している学校で、システム的にはかなり類似している感じがします。

ちなみに上のお子様はY3(3年生)、下のお子様はプレスクール(幼稚園)の年中へのエントリーが前提となります。ただ学校によりY3になるとすでに相応の英語力が求められ、入学テストの結果が重視されるので、その辺がネックになる場合もあり得ます。(もちろんプレスクールであれば英語力は問われませんが。)今回のご家族はどの学校にも良い印象を持たれたようですが、これら要素も考慮し最終選考に入られます。

フェイスブックへ「いいね」!

「ブログ記事」、「学校訪問記」、その他の貴重な情報をタイムリーに購読したい方は、下記フェイスブックページへ「いいね」!

「マレーシア格安留学情報」FBページ

ウェイブサイトにこれら情報を更新した際、同時にFBページにも投稿しますので、タイミングを逃しません!

お問合せ/個別相談予約/スカイプ&LINE相談/資料請求

換算為替レート

当サイト中のマレーシアリンギットおよび米ドルレートの円換算は、断りのない限り下記レートで行っています。

RM→YEN:
25.6000
USD→YEN:
109.0000
Updated: 2020/6/4