SWY

おすすめ
Yes
一口コメント
人気のカナダ式インター校で教師はほぼ全員カナダ人。2023年1月に新キャンパス移転済。
概要

マレーシアの財閥サンウェイグループがに2008年に設立した国際学校で、同グループはサンウェイ大学、サンウェイカレッジなど高等教育機関も保有する巨大なグループです。
サンウェイインターKLキャンパスは、2023年1月に新キャンパスに移転しました。インター校全体の統合キャンパスで、プレスクール、Grade1からGrade11まで、そしてIBディプロマの生徒を全て収容できるモダンで巨大なキャンパスです。
基本的にはカナダ式カリキュラムを採用しているものの、G11からIBディプロマ(2年間)も選択可能で、あるいはカナダ式のG11終了後、サンウェイカレッジ(G12)でカナダカリキュラム(CIMP)、英国式Aレベル、豪州カリキュラム、モナシュ大学ファンデーション、サンウェイファンデーション等各種大学準備コース(プレUコース)が用意されています。
カナダカリキュラムは、コースワーク(平常点)重視の採点方式で、かつ卒業試験もないため英語力の弱い日本人生徒から最も人気のカリキュラムとなっています。
サンウェイインターの教師陣はほぼ全員がカナダ人のネイティブ教師ということです。
通常コースの入学期は1月と7月のみになり、基本的に途中入学はできません。(ただし、EAPへの入学は4月、10月も可能です。)
EAP、ESLという2タイプの英語サポートクラスがあります。(下記「英語サポート」の項参照)
入試は、G3までは基本的に試験はありません。G4以上は、英語と数学(算数)の筆記試験になります。キャンパス移転でキャパシティーが増えると審査が緩くなる傾向があるので、今がチャンスと言えます。

また、2023年から英国式カリキュラムのコースを別途開始しましたが、英国式の学校は他にも多数あるので、今のところサンウェイで英国式を選択する日本人生徒は極めて少ない印象です。ただし、サンウェイという強力なブランド校で、あえて英国式カリキュラムを選択する生徒も今後増えてくる可能性はあります。

なお、下記卒業資格は、12年生レベルであるサンウェイカレッジのプレUコースで取得できる資格も含めてあります。(OSSD、Aレベル等)

基本条件
学校名
Sunway International School
学校名(日本語)
サンウェィ・インターナショナルスクール(KLキャンパス)
設立年度
2008年
エリア(州)
セランゴール州(KL圏)
タウン
バンダーサンウェイ(Bandar Sunway)
カリキュラム
英国式
IBディプロマ
カナダ式
学部構成
プレスクール(幼稚園)2年
エレメンタリー(小学校)5年
ミドル(中学校)3年
シニア(高校)3年
卒業資格
Aレベル(A-Level)
Oレベル(IGCSE)
IBディプロマ(IBDP)
カナダオンタリオ・セカンダリースクール・ディプロマ(OSSD)
学期開始
1月
7月
総生徒数
約800人
日本人生徒数
約80人
日本人生徒比率
約10%(大きく変動します)
外国人教師比率
約80%(大きく変動します)
教育方針

ビジョン:選ばれるインターナショナルスクールへ。
ミッション:発想力と責任感があるグローバルな人材を育成するために、学問だけではなく、心をも育む教育を提供する。

体験授業

提供なし

学生寮
あり
保護者必要ビザ
保護者ビザ、就労ビザ、MM2H等
待機状況
待機なし
ロケーション
キャンパス環境

旧キャンパスはサンウェイ大学、サンウェイカレッジに隣接していましたが、2023年1月より1kmほど離れたUSJと呼ばれる地区に移転オープンしました。周囲にはモールやスーパーが多く、渋滞になりやすいエリアです。周囲にコンドミニアムもいつくかありますが、大学生やサンウェイインター生徒家族の需要増により、学校徒歩圏で空室を見つけるのが難しくなっています。
徒歩圏以外で通学や生活に便利な街は、サンウェイサウスキー(サンウェイシティーの住宅地)、スバンジャヤ(SS16)あたりになりますが、こちらもかなりの家賃上昇が見られます。
なお、12年生からはサンウェイ大学キャンパス内にあるサンウェイカレッジでプレUコースを受講する形になります。

最寄鉄道駅
なし
距離(モントキアラから)
18km
距離(KLセントラルから)
17km
距離(ツインタワーから)
21km
距離(KL国際空港から)
49km
周辺物件名

USJ One Residence (1km)

Kenwingston Skylofts USJ 1 (500m)

Sunway Geo Residences (3km)

施設
スイミングプール
屋外スポーツフィールド
多目的ホール(または聴講室)
学生寮
など多数
入学審査
試験の概要

G3までの学年は書類審査のみで基本的に不合格はありません。
G4以上は英語(コンピュータテスト、エッセイ含む)と数学(筆記)の試験となります。場合によってインタビューが行われます。

試験タイプ
合否試験
試験の方法
対面またはオンライン
試験科目(学年別)
【プレスクール-Y3】書類審査(場合によりインタビュー)
【Y4-Y11】英語(コンピュータテスト、エッセイ含む)+数学(筆記)+(場合によりインタビュー)
提出書類
過去3年分の成績表
英語サポート
英語サポートクラス
EAP, ESL
英語サポートクラス概要

英語補習クラス(EAP)はG7からG10の生徒を対象に、英語と体育のみを行う本格的な英語集中的プログラムです。6ヶ月程度の期間を目安にしますが、メインプログラムへの移行は、EAP終了試験で一定水準の成績をあげることが条件になります。
また、英語力が多少劣る生徒に対し、メインクラスに在籍しながら英語のレベルを落とすESLクラスもあります。

外国語
外国語教科
Mandarin(中国語)
French(フランス語)
外国語備考
外国語は、プライマリー(G5)までは中国語が必修で、ミドルスクール以降はフランス語が必修となる。
学生寮
学生寮概要

2023年の新キャンパス移転に伴い、学生寮もモナシュ大学の隣にあるサンウェイ・ウォーターフロントレジデンスに移転しました。
以前は、寮から学校までは車で行く必要がありましたが、2023年末に寮と学校をつなぐブリッジが完成したため、徒歩5分ほどで行けるようになりました。
寮の食事は、平日夕食、土曜の朝食のみ提供されます。つまり、土曜の昼夕食と日曜、祝日の全ては自分で手配する形になります。(徒歩10分位でサンウェイピラミッドという超人気モールに行けます。)また、寮の入り口にファミリーマートがあるので、そこで簡単に調達できます。
日本人生徒は20名ほど在籍しているようです。
上部の画像集の中に寮の画像が何枚かあります。

寮最低入居年齢
12歳以上
総寮生数
概算80人
部屋タイプ

基本が2人部屋の寝室で、1ユニット約10寝室で構成される。

閉鎖回数と時期
年2回(6-7月と12-1月のセメスター休暇)
空室状況
空室十分
スクールバス情報
スクールバス
各レジデンスで乗降
主なルート
バンダーサンウェイ
スバンジャヤ
USJ
プチョン
ペタリンジャヤ
モントキアラ
タマンデサ
その他多数
学費詳細
学費水準
出願料
RM1,500
入学金
RM7,600
授業料(Y1)
RM55,750
授業料(Y7)
RM71,500
授業料(Y11)
RM81,500
寮費
RM35,500
保証金
RM12,000
費用備考
上記の入学金はG9以上の数値。それ未満の学年は多少それより安い。
データ更新日
賃貸物件
宿泊施設例
学校種別
インター校
概要

サンウェイGEOアベニュー(モール)と一体化したレジデンスで、サンウェイインターナショナルスクールやサンウェイ大学に徒歩で通学できる物件。(ただし15分程度かかる。)
その他、キングスレー、UCSIスバンジャヤなどにも通学可能。

基本情報
施設名
Sunway GEO Residence
学校
家賃(ユニット)
RM3,500
間取り
3LDK
建物設備
プール、ジム
ユニット設備
WIFI、テレビ、洗濯機、電子レンジ、冷蔵庫、食卓、ソファなど
ユニット面積
約120㎡
学校種別
インター校
概要

2019年にプチョンの丘の上に完成した大型ハイエンド物件。計5つのブロックが空にそびえ立つよう存在感を主張している。車で数分のところにプチョンを代表するモール「IOIモール」がある(イオン、ダイソーなどが入居)。その他、セティアウォーク、テスコ、ジャイアント、サンウェイピラミッドも近い。このサンプルユニットは145㎡の3LDKで家賃はRM3300(8.5万円)。優越感を感じることができる物件だが、プチョンの家賃相場は低いため他のエリアに比べかなり割安。プチョン、プトラハイツ、サンウェイ、スバンジャヤ等の地区にあるインター校に通学するのに便利。

基本情報
施設名
Sky Condominium
施設住所
Persiaran Puchong Jaya Selatan, Bandar Puchong Jaya, 47100 Puchong, Selangor
学校までの交通
スクールバス、自家用車
家賃(ユニット)
RM3,300
他の費用等
家賃保証金(3ヶ月分家賃相当額)+光熱費保証金(RM1,650.00)
間取り
3LDK
建物設備
プール、ジャグジー、ジム、ミニ映画館、遊戯施設
ユニット設備
家具、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、エアコン等
ユニット面積
約145㎡
学校種別
インター校
概要

サンウェイの代表的住宅地「サンウェイサウスキー」内にある物件。サンウェイGEOアベニュー(モール)にも歩ける位置にある。全ユニットにバスタブが標準で装備されているため、バスタブなしは考えられない、という方にはピッタリ。
サンウェイのシャトルバルも巡回しているので、そのバスでGEOアベニューやサンウェイピラミッドへも行くことができる。物件名が「レイクスイーツ」とあって、部屋により素晴らしいレイクビューが堪能できる。(画像参照)

基本情報
施設名
Nautica Lake Suites
学校
家賃(ユニット)
RM3,600
間取り
3LDK
建物設備
プール、ジムなど
ユニット設備
WIFI、テレビ、洗濯機、電子レンジ、冷蔵庫、食卓、ソファなど
ユニット面積
約103㎡
訪問記

3月3日に現中3のK様のインター校視察を行いました。2校目に“サンウェイインターナショナルスクール”を訪問しました。

カナダ式の伸び伸びした自由な教育!!!

7月18日、現在中3のK様の学校視察とテストのため、サンウェイインターナショナルを訪れました。

サンウェイの入学テストは英語(国語)と数学の2科目ですが、約3時間程かかりました。(本来は2時間半程度ですが、「エクストラタイム」が与えられたようです。)
長い時間、お疲れさまでした!

7月12日、8月からインター校入学を志願されるN様の視察ツアー1校目としてサンウェイインターナショナルスクールを訪れました。

これからインター校留学される方にとっての不安の1つに【英語】があるのではないかと思います。

R君のインター校視察2校目に、サンウェイインターナショナルスクールを訪問しました。

リーズナブルなバス代。

現小3のTさんのインター校視察ツアーの2校目としてサンウェイを訪問しました。

先生と友達になれる?!

12月4日、中3のRちゃんのサンウェイ入試に同行しました。

試験科目は、筆記の英語と数学、各1.5時間、計3時間と結構長いです。

例によって私は試験中やることがないので、隣のサンウェイカレッジのカフェで軽く朝食(実は2度目の朝食)ちなみに、和食店「ニコニコおにぎり」のショップがあったので、おにぎり一つ食しました。

小6のSちゃんが本日サンウェイ受験に挑戦しました。

英語筆記1.5時間、数学筆記1.5時間です。

英語は書けるだけ書いた、数学は割と簡単だった、というあっぱれなコメント。

テスト中3時間もあったので、(合格通知はまだですが)私とお母様ではやくも家探しを始めました。そして早くも良い物件みつかりました!でもまだ秘密です。笑

駐在員ご家族の15才お嬢様向けのインター校視ツアー1校目としてサンウェイを訪問しました。

今回は女の子でしたので、サンウェイ(カナダ式)の評価方法(コースワーク7割、テスト3割)は魅力的に感じられたようです。

ただ、他の学校に比べお化粧をした女子生徒が目立ったのが気になったようでした。やはり、校風がアメリカ的で自由な証拠でしょうか?

10月25日、高一男子向けボーディングスクール視察ツアーの1校目としてサンウェイを訪問しました。

中1女子のボーリングスクール探しでサンウェイインターにやってきました。
ただサンウェイの寮はG9以上の生徒しか入寮できないため、入学したとしても入寮は数年後となり、その間はお母様が同伴してしばらく母子留学という形を想定しています。

サンウェイはやはり明るくカラフルでした。前日視察した2校が少し暗いイメージがあったので、ここは特に明るく感じられました。

MさんのG11の入学試験にやってきました。英語筆記1.5時間、数学筆記1.5時間の試験です。いつものガラス部屋の奥のほうに座っています。ただ午後からのテストなので、周りは放課後で少しガヤガヤしています。やはり午前中のほうが集中できますね!

ただ、試験の結果は悪くなさそうです。いつも成績優秀のMさん、さすがです!

昨日、ボーディングスクール視察ツアーのご家族を連れてサンウェイを訪問しました。

お子様は、この4月から日本で中学2年になりますが、サンウェイの学生寮はG9からですので少し先のことにはなります。

相変わらず明るくカラフルなキャンパスのインテリアは、日本人の親子様には受けが良いです。ひとつの有力候補になったようです。

今日は、今年の4月から単身で留学を検討している14歳の子様のご両親をサンウェイインターナショナルスクールにご案内しました。

学校の説明はいつも愛想の良いケーシンさんに行っていただきました。昨日訪問した2校はどちらかといえば、ジャングルの中にある系の学校を見学したので、周囲に色々な施設のある都会的な環境のサンウェイは、対照的な学校となりました。

地図

ご注意

  • 上記情報はすべてが各学校の公表データ、最新データとは限りません。弊社が各種情報源から間接的に入手した情報、および弊社が推測した情報を含みます。各種カテゴリ分類も限定された情報をもとに弊社が推測したもので、必ずしも客観的な分類とは言えません。また、学校がウェブサイト上等で公表している情報自体の正確性も弊社では保証できかねます。正確で詳細な情報を入手するためには、該当校を訪問し、入学担当者から直接ヒアリングすることをおすすめします。これらの情報の利用によって生じたいかなる損害についても、当社はその責任を負うものではありません。
  • 「試験タイプ」における「合否試験」は、合格・不合格を判定する試験で、「レベルチェック」は合否試験でなはく、英語サポートクラスもしくは正規クラス、あるいは学年を決定するためのレベル判定のための試験を意味します。ただし現実的には両試験は明確に区別されているわけではりませんし、エントリーする学年によっても異なるので、単なる目安としてご利用ください。
  • 「待機状況」は、試験に合格しても、学校側のキャパシティーの問題で、すぐに入学が認められない状況(いわゆるウェィティング)を意味します。エントリーする学年やタイミングにより状況が刻々と変化しますので、目安としてご利用ください。
  • 「授業時間」は、金曜以外の曜日の代表的な授業時間を記載しており曜日によって異なることはありえます。特に金曜日は授業時間を短縮する学校が多いです。
  • 学費の「Y1」は1年時(小学1年)、「Y7」は7年時(中学1年)、「Y11」は11年時(高校2年)の概算の年間授業料を意味します。(可能な限り、「施設利用料」等固定の費用も含めています。)これは最新の数値とは限りませんので、出願の際は最新の費用を確認する必要があります。また、これらに加え、技術費、設備費、バス代、昼食代、ビザ申請代等の費用が別途かかる場合があります。円金額は当サイトに表示されている「換算為替レート」で円金額に換算しています。
  • 「学費水準」は、便宜上Year7の授業料を基準として、下記の方法で3レベルに分類しております。 Year7の年間授業料が RM35,000以下 : 低 RM35,000超 - RM60,000以下:中 RM60,000超:高 従って、他の学年の学費では、それぞれ「低・中・高」に適確に分類されないことはあり得ます。
  • 「卒業成績」に関しては、便宜上、各学校のオフィシャルウェブサイトで公表されている成績を参照し、下記の基準で「超優秀」と「優秀」に分類してあります。(ウェブ上で成績が公開されていない学校は、この項目は評価なし) 

 下記のいずれかの成績を収めている場合は「超優秀」とした。 

 -IGCSEで、A*-Aが全体の70%以上 

 -Aレベルで、A*-Aが全体の70%以上 

 -IBDPの平均点が35ポイント以上 

 下記のいずれかの成績を収めている場合は「優秀」とした。 

 -IGCSEで、A*-Aが全体の50%以上 

 -Aレベルで、A*-Aが全体の50%以上 

 -IBDPの平均点が30ポイント以上

 

株式会社 暮旅

RM→YEN:
33.00
USD→YEN:
150.00
Updated: