(ファンデーションを通して)Monash University (モナシュ大学)へ行く方法

Chisatoさんのユーザアバター

皆さん、こんにちは。インターン生のチサトです。

今回は、前回の視察のブログで少し触れたモナシュ大学へファンデーションを経てから入学する方法を詳しく皆さんにお伝えしていこうと思います。

モナシュ大学の成績基準に達していない、英語基準に達していない、(仮に基準に達していても)いきなり学部に進むのに抵抗がある、という方にサンウェイカレッジ学内にあるファンデーションを踏んでから大学に入学できる方法をお勧めしたいと思います。

難易度などを考慮すると、日本人学生に適したファンデーションコースは2つあります。どちらも修了するのに1年かかるので、トータルで大学(文系学部)も含め卒業するのに4年かかります (実質日本の大学を卒業するのと同じですね)。

① MUFY (Monash University Foundation Year)
名前の通り、モナシュ大学の入学を目指す生徒が学ぶファンデーションです。行きたい学部に関する科目と英語を取り、終了時にそれらのスコアが全体の100%のうち60 - 65%を取ることが出来ると大学入学が許されます。ほとんどの生徒はその条件を満たすことが多いそうです。しかし、そのファンデーションを受講するためにIELTS 計5.5 (ライティングは最低5.5)が必要になります。

② CIMP (Canadian International Matriculation Program)
こちらは、主としてサンウェイインターナショナルスクール(カナダカリキュラム採用)の卒業生向けに、一貫性のあるカナダカリキュラムのファンデーションを用意した、というイメージかと思います。
英語スコアは必須ではないという、入り口の敷居が低い点やクラスの難易度も他のファンデーションより低いことから、モナシュ大学入学のためには全体の100%のスコアのうち約75%を取っている必要があります。現在英語力はなくても授業を受けていくうちに身に着けていくとし、地道の努力を怠らない生徒はCIMPを選択するのも1つの方法です。仮に条件のスコアが取れなくても、サンウェイ大学のランカスター大学とデュアルディグリーを結んでいる学部の入学条件を原則満たしているので、万が一はそちらへの路線変更も可能です。

これらのファンデーションへ行くということや海外の大学を目指す未来の生徒の皆さんに総じてお伝えしたいのは、なるべく日本で英語の勉強をしておくことです。英語力(聞く力・話す力・書く力・読む力)があれば英語コースを取らなくていいわけですし、ファンデーションで学ぶ・学部で学ぶ内容も入りやすい状態なわけです!ですので、現在高校生のモナシュ大学を目指している方は(もちろんそうじゃない方も!)、学校の成績を4以上多めの3 – 5にキープして頂き、尚且つ英語力を今からどんどん伸ばして欲しいと思います。

ファンデーションについてもっと知りたい方は、下のリンクをクリックして下さい!
MUFY: https://college.sunway.edu.my/programmes/pre-u/mufy
CIMP: https://college.sunway.edu.my/programmes/pre-u/cimp

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer