kosakaさんのブログ

kosakaさんのユーザアバター

インター校視察ツアー(キングスレー、マーサ、マズ、リアル)12歳で単身留学!

先週水曜、木曜の2日間で12歳女児(現在小6)の単身留学先のインター校視察ツアーを行いました。

kosakaさんのユーザアバター

インター校視察ツアー(キングスレー、マーサ、オーストラリア、エプソム)急遽入学試験!

先週の木曜と金曜にかけてインター校視察ツアーを実施しました。対象は現日本の小学校6年生と4年生の姉妹様です。

お二人は、特別な英語教育は今まで受けていらっしゃらないということですので、入学が比較的容易な下記4校をリストアップしました。

キングスレー
マーサ(MAHSA)
オーストラリア(AISM)
エプソム(ECIM)

kosakaさんのユーザアバター

インター校視察ツアー(ペニンシュラ、キングスレー、オーストラリア)高校からのインター校

少し前になりますが、2月28日、現中学3年生と中学1年生のご兄弟向けのインター校視察ツアーを行いました。

お父様がマレーシアに駐在になるのを機に、4月よりマレーシアのインター校へ入学を計画しています。ただ4月からはそれぞれ日本の学年は高1、中2ですので、やはりインター校シフトへのタイミングとしては、かなり遅いと言わざるを得ません。特に上のお子様は。

kosakaさんのユーザアバター

インター校視察ツアー(キングスレー、マーサ、ペニンシュラ)視察でより具体的に!

2月22日、Kさん家族の小6のお子様向けのインター校視察を行いました。

Kさん家族は、まだマレーシアへの親子留学を決めているわけではなく、今回が予備の視察といったところです。学校の選択も、入学難易度が比較的低く、学費もリーズナブルな、下記のサンプル的3校としました。

①キングスレー(Kingsley)
②マーサ(MAHSA)
③ペニンシュラ(Peninsula)

kosakaさんのユーザアバター

インター校の学生ビザ要件が多少厳しく!?

少し前の1月半ば、突然マレーシアのイミグレーション(移民局)からインター校の学生ビザと保護者ビザについて新たな発表がありました。

それは、今までほぼ何の条件もなく取得できていた学生ビザと保護者ビザ申請に、新たに
①マレーシアの医療保険証書
②銀行残高&収入証明書

kosakaさんのユーザアバター

厦門大学入学のCさん、奨学金で初年度授業料は何と29万円のみ!

今月末に中国の国立大学厦門(アモイ)大学のマレーシア分校に入学のCさんですが、高校の成績がかなり良かったため、60%ディスカウントの奨学金が大学より給付され、初年度の授業料は何とRM10,600(約29万円)となりました。おめでとうございます!

kosakaさんのユーザアバター

大学視察ツアー(サンウェイ、テイラーズ、YTL) 姉妹同時の視察!

今週火曜は、現高校3年生と現高校2年生の姉妹向けの視察ツアーを行いました。当然ながら、お姉様は今年の入学、妹様は来年の入学を目指します。お父様もツアーに同行されました。

kosakaさんのユーザアバター

インター校視察ツアー(キングスレー、ガーデン、AISM)駐在員家庭もインター校へ!?

今週月曜は、ご主人がすでにマレーシア赴任され4月よりご家族が合流するという駐在員様家族向けのインター校視察ツアーを行いました。

実は、弊社がサポートするインター校入学は、およそ8割以上が教育目的でマレーシアに移住される親子が対象で(いわゆる親子留学または母子留学)、駐在員様家族をサポートするのはどちらかといえば例外的でした。

kosakaさんのユーザアバター

インター校視察ツアー(キングスレー、テイラーズ、オアシス)英国教育と米国教育の違い!

先週金曜に、東京にお住いの小4と小2のご兄弟向けのインター校視察ツアーを行いました。今年の9月(または8月)からの親子留学(母子留学)の開始を予定しています。

事前のコンサルティングを通じて、下記の3校を視察する計画を立てました。最初の2校は英国式カリキュラムで3校目が米国カリキュラムの学校です。

キングスレー(英国式)

kosakaさんのユーザアバター

0歳児と3歳児の国際教育談議(プライベート)

インターンや現地大学生が良い文章書いてくれますので、私はまた柔らかい話題で勝負します。(笑)

日本からBro(マレーシアでは仲良い友人を言う)が訪ねてきたので、スチームボート(マレーシア風おでん)とルーフトップバーの組みあわせのナイトライフを楽しみました。・・・・・ FBページにつづく

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer