Taylor'sを訪問してきました!!!

Kugaさんのユーザアバター

先日クアラルンプール郊外にあるテイラーズ大学に施設見学に行ってきました。

とにかくキャンパスが広くて、駐車場が広すぎて?笑笑 

テイラーズの学生は車で通う学生が多くかなりの台数の車が駐車されていました。

中には、ベンツやBMなどの高級車があったりと、、やはり学費が他のマレーシア大学に比べ高いのでお金持ちの方が多いようです。笑

キャンパスの中には、スターバックスやファミマ、レストランなどの飲食店から美容院、ゲームセンターまで様々な施設がありました。

今回は行けなかったのですが小さい映画館もあるそうです。

ここは本当に大学なのでしょうか?笑笑

日本の大学と比較しても本当に施設が充実しており、大学というより1つの街があるとイメージした方が想像しやすい気がします。

ビジネス学部やIT関連の学部など多くの学部が用意されているのですが、テイラーズ大学といえば、ホスピタリティ学部がとても有名で

世界大学ランキングにもランクインしています。

ホスピタリティ学部は日本ではまだまだ馴染みのない学部かもしれませんが、これから先、日本ではザービス業の需要が高まっていくた

めホスピタリティへの関心も年々増加しています。

そこで、今回はホスピタリティー学部の校内を覗かせて頂きました。

ホスピタリティ学部の生徒さんは皆ユニフォームとしてスーツを着用することが義務付けられてます。

また、学ぶための施設もとても充実しており、学内には、巨大なキッチンや、ホテルのレセプションのようなものなど実習できる環境が

多くありました。

学内にあるレストランやカフェでは実際に学生が働く事ができるようで、学生が作った料理も提供されていると聞き驚きました。

授業だけでなく実際に働ける環境が用意されているのは留学生にとっては魅力的ですよね。

最後に、ホスピタリティ(おもてなし)と聞いた時に

「ん?おもてなし?それだったら日本で十分に学べそう、、」 と正直思ってしまった自分がいたのですが、

マレーシアではホスピタリティを学問として捉えており、学ぶための施設やプログラムも細かく分類されています。

ホスピタリティ教育が充実していることを実際に訪れることで体感することができました。

また、マレーシアに来れば必然的に語学力も身につきますし、マレーシアでホスピタリティーを学ぶのは良いこと尽くしですね!!!

しかも、ここテイラーズのホスピタリティ学部の質の高さは、世界でも認められていますから安心です。

少しでも興味をお持ち頂けましたら嬉しいです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer