大学生の「休学留学」もサポートいたします。

kosakaさんのユーザアバター
Facebook: 

「マレーシア大学留学」と言う場合、本サイトのコンセプトとしては、「日本の大学なんてつまらないから、高校卒業後はマレーシアの大学へ進学しようよ!」とか、「日本の大学なんて無意味だからそんなの退学してマレーシアの大学へ再入学しようよ!」といった「正規留学」の提案が中心で、どちらかと言えば「アンチ日本の大学」というニュアンスが強かったかと思います。そもそも日本の教育を「ガラキョー」(日本でしか通用しないガラパゴス教育)と皮肉って呼んでいるくらいですから・・・(笑)

ただ、最近多くの大学生から、大学を一定期間休学して「休学留学」をしたい、というご要望を頂戴して、少し柔軟に考えるようになっています。確かに苦労して(お金もかけて)入った日本の大学をそう簡単に辞めることもいかず、それをベースにしながら英語力を向上させたり、国際感覚を身に着ける努力をすること自体はとても自然で、サポートしてあげたい気持ちになります。もちろん多様化する留学ニーズに応えるのが私のビジネスでもあります。

さて、大学を6-12カ月休学して留学する場合、最も一般的かつ現実的な留学形態は、やはり「語学留学」になります。街の語学学校あるいは大学の語学コースに所属して英語力の上達に努めます。ただ、大学生が将来の就職を意識して語学留学する場合、街の語学学校に通学するより、大学内の語学コースで勉強したというほうが「聞こえが良い」らしいです。語学学校で勉強していた、というと、遊びあるいは旅行の延長のように聞こえるようです。

したがって、大学の語学コースを紹介するケースが増えているのですが、最近は語学コースでは物足りず、休学留学でバチェラーディグリーコース(学士コース=日本の4卒)の科目をを勉強できないか、というご要望が増えてきています。ただ、現実はなかなか容易ではありません。そもそも学士コースは通常3年間のコースで、短期留学というシステムがありません。また入学には高校の成績と英語のスコアが要求されます。高校の最終成績3.0~3.5以上(5段階で)というのは、さほど高いハードルではありませんが、最低IELTS5.5やTOEFL79(ibt)と言ったスコアが必要です。こんなスコアを持っている学生はあまり多くはいません。また3ヶ月を超える留学には「学生ビザ」の取得が必要です。これがまた時間と費用のかかる面倒な作業です。

それでも何とかアレンジできるよう検討中です。アイデアとしては1年間の前半を英語集中コースで学士コースに入るだけの英語力を身に着け、後半6ヶ月(1セメスター分)学士コースの授業を受けるということです。ただ前半の語学コースで必ずにも学士コース受講レベルの英語力になるという保証はありませんから、後半の学士コースへ移行できる保証はありません。そんな問題はありますが、色々とアレンジ中、交渉中ではあります。

もしそれが可能であれば、1年休学して「国際経営学を勉強していました」とか「ホスピタリティーを勉強していた」とか言えるわけです。単に英語を勉強していた、というよりはるかに聞こえは良くなります。あるいは、ご所属の日本の大学によっては単位の互換をしてくれる可能性があるかもしれません。いずれにしても、語学留学より一層充実した留学にはなることは間違いありません。ご興味ある方は、是非ご問い合わせください。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer