MALAYA

SnapCrab_NoName_2019-2-8_17-30-12_No-00.png
一口コメント: 
マレーシア有名国立大学。国内トップの大学で、世界大学ランキングでトップ100入りもしている。
概要: 
アジア・世界の大学ランキングで毎年順位の上昇傾向がみられ、ランキングの上位維持をしている国立大学です。マラヤ大学HPでイギリスの大学評価機関のクアクアレリ・シモンズ社(QS)での2019年のランキングで87位と報告しました。4年前は151位ということなので、急激に成長し続けているのは一目瞭然です。また、国内最大規模のキャンパス(750エーカーで東京ドーム約65個に相当)がクアラルンプール内に位置しており、キャンパス内にはバスも走っているほどです。国立大学ということもあり、複数の学部はマレー語のみ扱うことがありますが、ビジネスなどのメジャーな学部は英語で行われています。学部のカテゴリーは理系・文系共に多岐に渡っており、私立のような高い学費を払わずとも最高ランクの教育を受けることが出来ます。卒業生には、現マレーシア首相マハティール・ビン・モハマドを含め、過去マレーシアの首相、副首相・シンガポール首相、副首相など複数名在籍していました。
ポイント!
  • 国立ではあるが、世界80か国以上からの全体の20%以上留学生!
  • 入学における英語条件が高い
  • 大学ランキングで毎年上昇傾向にある。2019年QS世界大学ランキングでは87位に位置づいた。アジア内のみだと19位。
  • 2007年からTrusted Award(信頼あるブランド)大学部門で表彰され続けている。
  • 2002年にマレーシアの公立高等教育機関で初めてMS ISO 9001:2000(経営システムが一貫して顧客第一に考えられており、連続的に顧客のニーズに応え改善されており、顧客もその変化を認識し満足していることを証明したもの)を授与された。
  • クアラルンプール内に大学があるので、中心地へのアクセスが良い。
学校名: 
University of Malaya
学校名(日本語): 
マラヤ大学
経営形態: 
国公立大学
設立年度: 
1962年
キャンパス: 
クアラルンプール
総生徒数: 
約21,055人
留学生比率: 
約21%
学部構成: 
Pre-University(大学準備コース)
学部構成: 
Undergraduate(学部)
学部構成: 
Postgraduate(大学院)
主要学部: 
ビジネス、経営
主要学部: 
経済
主要学部: 
会計、ファイナンス
主要学部: 
IT、コンピューター
主要学部: 
教養
主要学部: 
建築
履修年数: 
(文系)ディグリー 3.5年 
履修年数: 
(理系)ディグリー 3.5~4年 
入学時期: 
ディグリー:2月、9月(学部によって9月のみ)
学費目安: 
(文系)年間30~60万円前後
学費目安: 
(理系)年間40~55万円前後
コース(学部)詳細
現時点では、「ビジネス・経営」、「ホスピタリティ・観光」、「IT・コンピューター」、「マスコミ・教養」系のバチェラーディグリー(学士号)コースが登録済みです。
合格基準(目安)
下記基準は、HP掲載情報および大学へのヒアリングに基づく目安であり、実際の合否基準としての正確性は保証できません。また、学部ごとに異なる場合があります。
学校の成績: 

・高校の成績(もしくは、ファンデーションのスコア)が80%以上
 5段階評価だと全体平均が3.75以上。
または、
・短大の成績(CGPA)が3.0以上

英語スコア: 

学部によって異なる(要確認)。
・IELTS 各セクション5.0~6.5 以上
・TOEFL
(PBT) 500~550以上
(CBT) 173~213以上
(IBT) 60~80 以上

語学コース詳細
英語コース概要: 
費用: 
大学院
専攻(コース): 
ビジネス関連(マーケティング・経済・経営等)
専攻(コース): 
教育
専攻(コース): 
エンジニア
専攻(コース): 
コンピューター・IT
専攻(コース): 
建築
専攻(コース): 
スポーツ科学
専攻(コース): 
社会科学
専攻(コース): 
などその他複数
主な提携校: 
(公衆衛生学部)京都大学、日本
主な提携校: 
(スポーツ科学学部のみ)北京大学、台湾
主な提携校: 
(理学部)アミカ・ビール工科大学、イラン
履修年数: 
2年
費用 : 
2年で150万円以下
合格基準注釈: 
・大学でのCGPAが4.0の内3.0以上。 ・IELTSの各セクション最低6.0。
合格基準(IELTS): 
6.0
ランキング・レーティング
各ランキング・レーティングに関する説明は、ページ下にある「注釈(大学)」をご参照ください。
SETARA(2009): 
TIER 5: EXCELLENT
SETARA(2011): 
TIER 5: EXCELLENT
SETARA(2013): 
TIER 5: EXCELLENT
SETARA(2017): 
TIER 6: OUTSTANDING
ロケーション
Google Map: 

注釈(大学)

  • 上記情報に関しては、関連HP上のデータおよび関係者のヒアリング等により入手したものを掲載していますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社はその責任を負うものではありません。
  • 「学費目安」は、公表された数値のみを利用し算出した概算です。(1リンギ30円で換算)目安としてのみご利用ください。入学金等の初期費用は含まれません。
  • 「合格基準」は、HP掲載情報および大学へのヒアリングに基づく目安であり、実際の合否基準としての正確性は保証できません。最終的には大学の担当部署による審査で合否判定されます。なお、「英語スコア」に達しない場合、あるいはスコアを保有していない場合は、学部入学の前に付属の英語コースを受講することを条件に入学許可を出す場合が一般的です。その場合現地で英語テスト(IELTS等)を受験することになります。
  • ツイニング(プログラム)とは、マレーシアの私立大学が、海外のある大学と提携関係にあり、原則、前半をマレーシア、後半を海外ホスト校で勉強することにより、海外提携校の学位が取得できるというシステムです。「マレーシアでの履修年数+提携校での履修年数」という表現を使い、「2+1」「1+2」「3+0(マレーシアのみ)」などと呼ばれます。
  • デュアルディグリーとは、マレーシアの私立大学とある海外大学との提携関係により、マレーシアの大学の学位取得(卒業)時、提携校の学位も同時に取得できるシステムです。
  • ADPとはAmerican Degree Transfer Program(米国大学編入プログラム)のことで、マレーシアでの取得単位を米国大学へ移行できる制度です。通常「2+2」の形式となっており、マレーシア2年、米国2年の学習で米国の大学の学位が取得できます。
  • 「ランキング・レーティング」に関しては、下記機関によるものを掲載してあります。(ランクキングに登場しない場合、非掲載)
    SETARAレーテイング(マレーシア国内)
    マレーシア公的機関であるMQA (Malaysian Qualification Agency) が2年毎に実施するマレーシア国内の大学の調査評価で、各大学を"TIER 6: OUTSTANDING"から"TIER 1: WEEK"の6レベルに格付けしたも。下記の6項目で評価していると言われる。
    academic staff (25%), students' selectivity (10%), research (15%), academic programmes (25%), resources (15%), and management (10%)
    タイムズ(THE)世界ランキング 
    英国の高等教育専門週刊誌『タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)』が2004年から毎年秋に公表している世界の大学ランキング。評価の特徴は、学問分野別の研究者によるピア・レビュー(同一分野の研究者による客観的判断を仰ぐ評価方法)に重点を置いてる。
    QS世界ランキング
    英国の大学評価機関「クアクアレリ・シモンズ社(Quacquarelli Symonds :QS)」が毎年9月に公表している世界の大学のランキング。2004年から公表しているが、2010年に『タイムズ・ハイアー・エデュケーション』とのリスト作成を取りやめ、独自に発表している。ランキング計算の50%がインタビューによる名声の聞き取り調査となっている。そのためランク外や低いランキングポジションの名門大学も拾い上げる事が出来る。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer