大学留学

takanoさんのユーザアバター

厦門(シャーメン)大学訪問記

厦門(シャーメン)大学を訪問して参りました!
ここは中国トップクラスの国立大学のマレーシアキャンパスになります。
ちなみに中国で12位、アジアで37位、世界で400位台(THEランキング)にランクされています。
KLIA空港から約20分ほどの距離にあり、市内からだと約50分です。
当然、マレーシアキャンパスなので英語で学問を学びます。

takanoさんのユーザアバター

大学のインターンシップ制度

近年、日本の大学生が海外にインターンシップに赴く傾向が非常に高くなっています。基本的に就職の前に海外での貴重な社会経験をするため、就職活動を有利に働かせるためでもあります。

これらは大学のプログラムではなく、休学や長期休みを利用して完全に自主的に行うケースがほとんどです。

takanoさんのユーザアバター

7月27日大学視察ツアー(HELP, INTI, TAYLOR'S)

7月27日に、大阪からお越しになったYさん、Mさんの高校三年生コンビを大学視察ツアーにお連れしました!

お二人は夏休みを利用してAPU大学のサマーキャンプに一か月間参加されます。それが始まる前に大学を見学したいとのお問い合わせでした。

ちなみにYさんはホスピタリティ学部、Mさんはビジネス学部を志望されています。

usamiさんのユーザアバター

将来、国際機関で働くための方法とは?

<世界平和を目指す国際機関>
世界では、紛争、難民、地球温暖化などの様々な問題が山積され、全ての人が平和な生活を送れているわけではありません。国単位の利害を越え、世界共通の目的の実現、また、諸問題を解決することにより世界中の人々の平和を目指すのが国際機関です。国連やその関連機関を筆頭に、世界には多岐に渡る国際機関が存在し、それぞれの目的に合った人材を募集しています。

takanoさんのユーザアバター

ホスピタリティ学部視察ツアー(サンウェイ、インティ、ヘルプ、テイラーズ)

先週の28、29日と二日間に渡り、計4校(サンウェイ、インティ、ヘルプ、テイラーズ)を視察してきました!

マレーシアの大学留学を検討されているのは京都からお越しのIさん。お父様と共に視察に来られました。

takanoさんのユーザアバター

マレーシア大学院留学

弊社では今まで、語学、インターナショナルスクールそして大学留学を主に取り扱ってまいりました。

しかし、最近マレーシアでの大学院留学についてのお問い合わせが増えてきたことと私自身も将来的に大学院に進学を検討していることから新たに大学院留学のページを作成いたしました!

takanoさんのユーザアバター

日本出張報告

先週5月26日から31日にかけて、日本に出張をしてまいりました。
その簡単な報告をします。

25日、26日は東京オフィスで無料個別相談会を開催して計3組の方が、
お見えになってくださいました。

ケース1:Yさん
大学を中退されていますが、留学の夢は捨てきれず現在は都内の英語学校に通われています。

kosakaさんのユーザアバター

マレーシア大学8月・9月入学の最終コールです!

今年の8月または9月のマレーシア大学入学を検討されている方へ、最終コールの案内をさせていただきます。
学生ビザの準備と申請に2-3ヵ月かかりますので、今すぐご準備をお願いします。(特に8月入学はぎりぎりです。)
まだアクションを起こされていない方、今すぐ弊社へご相談ください!

問い合わせフォーム ↓
http://www.m-ryugaku.com/forms/inquiry

kosakaさんのユーザアバター

遅ればせながらテイラーズADP(米大学編入学部)8月入学に奨学金(50万円弱)!

昨日急に聞かされたのですが、テテイラーズ大学ADP(米大学編入学部)8月入学に対してRM16,000(50万円弱)の奨学金を出すことが決まったということです。

「おいおい、8月入学なら今すぐビザ申請しないと間に合わないだろー!」
大学担当曰く、「俺も今日聞いた。」ということ。
既にテイラーズのADP8月入学を検討中の方がいましたら、是非お声をおかけください!

kosakaさんのユーザアバター

大学視察ツアー 英国トップ大学を目指して!(サンウェイカレッジ、テイラーズカレッジ)

昨日は、現在高校3年向けの大学視察ツアーを行いました。といっても結果的には通常の「ユニバーシティ」ではなく、主として「カレッジ」のプログラムの説明を受けることになりました。(訪問場所や大学担当者は通常と変わりませんが。)

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer