HIS

HELP1s.gif
レーティング
学費水準(高⇒低): 
4
入学難易度(高⇒低): 
3
アカデミック度(低⇒高): 
4
施設充実度(低⇒高): 
5
一口コメント: 
大学で有名なHELPグループが経営する新設校。ローカルに大人気。
概要: 
HELPインターナショナルスクールは、2014年に開校した新設校で、マレーシア有力私立大学の1つである「HELP大学」の運営実績をもつHELPコーポレーションにより運営されています。英国のカリキュラムに基づきプレスクールからプレU(A-レベル)まで運営します。キャンパス場所は、クアラルンプール郊外のスバン空港北に位置するニュータウン「スバン・ベスタリ」というエリアです。新設校ながら、実績ある教育機関による運営のためか、現地の方からはかなり人気のある学校になっており、すでに多くの生徒を獲得しているようです。入学はアセスメントテスト(入学テスト)の結果を踏まえて、校長との話し合いで決定する、とのことです。(学年調整あり)
基礎データ
学校名: 
HELP International School
学校名(日本語): 
ヘルプインターナショナルスクール
設立年度: 
2014年
キャンパス: 
Subang Bestari(スバンベスタリ)
総生徒数: 
約600人
カリキュラム: 
英国式
学期開始: 
9月
学期開始: 
1月
学期開始: 
4月
学部構成: 
プレスクール、プライマリー(G1-6)、セカンダリー(G7-11)、プレユニバーシティ(G12-13)
ロケーション
キャンパス環境: 
キャンパスは、スバンベスタリと呼ばれるクアラルンプール郊外の新興住宅地にあります。住宅地と行っても、スバン空港からかなりに奥地に入った原野と言っても良いほどの大自然に囲まれたエリアです。正直こんなところに学校が?と思うような場所です。ただ、インター校の隣にはHELP大学のキャンパスも建設中で、将来的には学園地区として違和感がなくなるかもしれません。この学校に通うにはクアラルンプール西部でないと厳しい印象です。理想は、日本人学校のあるサウジャナやアラダマンサラあたりでしょうか。
最寄鉄道駅: 
なし
入学要件
各情報は確認情報とは限りません。推測も含みます。単なる目安としてご利用ください。
保護者必要ビザ: 
保護者ビザ
待機状況: 
待機なし
地図
Google Map: 

ご注意: 
上記情報はすべてが各学校の公表データ、最新データとは限りません。弊社が各種情報源から間接的に入手した情報、および弊社が推測した情報も含みます。正確で詳細な情報を入手するためには、該当校を訪問し、入学担当者から直接ヒアリングすることをおすすめします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社はその責任を負うものではありません。

ご注意

  • 上記情報はすべてが各学校の公表データ、最新データとは限りません。弊社が各種情報源から間接的に入手した情報、および弊社が推測した情報を含みます。正確で詳細な情報を入手するためには、該当校を訪問し、入学担当者から直接ヒアリングすることをおすすめします。これらの情報の利用によって生じたいかなる損害についても、当社はその責任を負うものではありません。
  • 「試験タイプ」における「合否試験」は、合格・不合格を判定する試験、「レベル試験」は、英語集中クラスもしくは正規クラス、あるいは年齢相応の学年もしくはそれ以下の学年に振り分けるための試験を意味します。ただし現実的には両試験は明確に区別されているわけではりませんし、エントリーする学年によっても異なるので、単なる目安としてご利用ください。
  • 「待機状況」は、試験に合格しても、学校側のキャパシティーの問題で、すぐに入学が認められない状況(いわゆるウェィティング)を意味します。エントリーする学年やタイミングにより状況が刻々と変化しますので、目安としてご利用ください。
  • 学費の「G1」は1年次(小学1年)、「G7」は7年次(中学1年)時の概算の年間授業料を意味します。これは最新の数値とは限りませんので、出願の際は最新の授業料を確認する必要があります。また、これらに加え、技術費、設備費、バス代、昼食代等の費用が別途かかります。円金額は1リンギ30円の為替レートで計算しています。為替相場は変動しやすいので直近のレートで再計算することが必要です。
  • 「レーティング」は、推測を含む限られた情報に基づき弊社が評価したものであり、その正確性、客観性は保証できません。単なる目安としてご利用ください。
    • 株式会社 暮旅

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer