私立大学

XMU

xiamen.gif
一口コメント: 
中国トップクラス国立大学がマレーシア分校を開校、学費や寮費が格安
概要: 
中国で12位、アジアで37位、世界で400位台(THEランキング)にランクされるアモイ大学が2016年マレーシアに開校した初めての海外分校です。KL国際空港に近いセパングに、巨大で美しいキャンパスを拡張中です。教授の80%以上はPHD保有者で教育の質を重視しています。中国からは選抜された優秀な生徒が国費で送られてきており生徒の質も高いですが、開校直後のため留学生に対する入学基準は比較的緩く設定されています。 通常の学部の授業はすべて英語で行われます。将来、中国でビジネスを展開したいと考える方には、「中国経済ビジネス」の科目を含んだ「国際経営学部(International Business)」なども有望と思われます。学費や寮費はかなり割安です。

FTMS

ftms.gif
一口コメント: 
格安な授業料、容易な入学要件ながら英国大学の学位がとれる
概要: 
FTMSは1986年会計学系の専門カレッジからスタートしましたが、現在ではビジネス経営系学部、ITコンピュータ系学部、ホスピタリティ観光系学部を柱とする総合大学に成長しつつあります。2016年にはサーバージャヤの新キャンパスへ移転し、より良い学習環境と就職機会を提供しています。留学生比率は約60%とインターナショナルな環境も魅力です。(2016年現在日本人学生はゼロ) 就職率も95%に達します。授業料や寮費が格安で、合格基準もゆるいことから幅広いご家庭、生徒様の対象になる大学です。基本的にすべての学部が英国大学との3+0のツイニングになっているため、FTMS大学の知名度は問題にならないとも言えます。費用を抑えて有名英国大学の学位を取得したという目標にはぴったりの大学です。

YTL

ytl.gif
一口コメント: 
5ツ星ホテル運営会社YTLの幹部養成学校的な存在
概要: 
YTLホテル国際経営大学は、マレーシアの高級ホテル運営会社YTLによって運営されるホテル経営、料理芸術の専門大学です。キャンパスはブキビンタン(マレーシアの銀座と呼ばれる)のマレーシアでもっと高級なショッピングモールと言われるスターヒルギャラリーの中にあります。キャンパスのすぐ隣には、YTLの運営するマリオットホテル、また近隣には同様にリッツカールトンホテルがあり、これらが学生の実習の場となり、5ツ星のホスピタリティを叩きこまれます。YLT内ではホテル経営学部と料理芸術学部のディプロマ(短大相当、2.5年)までしかありませんが、ホテル経営学部はその後豪州のInternational College of Hotel Management, Australiaでさらに1年学ぶことによりバチェラーディグリー(4年制相当、計3.5年)が取得できます。就職はYTLグループ内にすることが多いため、同大学はYTLグループの幹部候補養成学校的な要素が強いです。なおYTLはニセコでもリゾート開発を行っており日本での就職の機会も広がります。

SUNWAY

sunway.gif
一口コメント: 
現地大手コングロマリットの経営。英上位校の同時学位取得可能。
概要: 
サンウェイ大学は、マレーシアの大手コングロマリットの一つであるサンウェイによって運営される大学です。キャンパスはバンダーサンウェイと呼ばれるサンウェイ関連施設が集中した地区にあり、サンウェイピラミッド(ショッピングセンター)、サンウェイラグーン(テーマパーク)、病院、各種ホテルなどの商業施設が充実した便利な場所です。サンウェイ大学は、海外大学とのパートナーシップにも力を入れており、ビジネス、心理学、コンピュータ、テクノロジーの各ディグリー学部で英国の有名校「ランカスター大学」(世界ランク150位前後)とデュアルディグリー、またホスピタリティと料理芸術のディグリー学部は「仏コルドンブルー」とのデュアルディグリー制になっています。2015年、既存のキャンパスの隣に新キャンパスが完成し更に学習環境が向上しています。

INTI

inti.gif
一口コメント: 
米国の国際私大ネットワークの加盟大学。ADPやツイニングの選択肢豊富
概要: 
INTIは20年超の歴史を持ったマレーシアの名門私立大学です。大学名にInternationalがついている通り、国際化を大変重視した学校の一つです。事実INTIはLaureate国際大学ネットワークと呼ばれる世界最大の私立大学ネットワークに加盟しており、米国をはじめとした国際水準の教育を受けることが可能です。また同制度のもと、多くの学生に1学期を海外の加盟大学で(INTIの同じ授業料で)学習する機会が与えられます。(Semester Abroad Program=SAP™) また提携大学へ編入する場合も先方からINTI専用の奨学金が給付され、低コストで海外大学に編入できます。産業界との交流も盛んで、実践的な勉強ができるだけでなく、就職などにも有利に働きます。事実卒業6ヵ月以内の就職率は98%と公表しています。 キャンパスはクアラルンプール首都圏に3キャンパス、その他ペナン、サバにもあり、学部や学科により選択可能です。メインキャンパスは国際空港に近い大自然に囲まれた「ニライ」にありますが、スバンキャンパスは「スバンジャヤ」の最もにぎやかな学生街にあり、好みで選択可能です。また有名大学でありながら、SUNWAYやTAYLORSなどの他の有名大学に比べ学費が多少安いこともメリットです。現在エントリーの成績により最大授業料45%OFFの奨学金実施中です。

APU

apu.png
一口コメント: 
技術&ビジネス系学部に定評あり。就職率は95% 短期語学留学、休学留学も可。
概要: 
アジア太平洋大学(APU)はマレーシア大手の教育機関であるAPIIT Education Groupが運営する大学です。ITや工学など技術系に強い大学ですが、ビジネス、経営、会計、ファイナンス等の文系学部も充実しています。マレーシア高等教育省SETARA2011年および2013年レーティングで、最高格付けのティア5「エクセレント」を2期連続取得するなど数々のアワードを受賞しています。新メインキャンパスは2016年クアラルンプール郊外のブキジャリルにあるTechnology Park Malaysia (TPM)内に完成し、非常にモダンでハイテクな環境で勉強できることが利点となっています。なお語学コースは同じ敷地内になる旧キャンパスで行われます。 ほぼすべての学部がAPUと英Staffordshire Universityとのデュアルディグリー(両学位取得制)または3+0のツイニングになっています。就職率は95%と言われ、卒業後は、世界中に活躍の場が広がります。

BERJAYA

berjaya.gif
一口コメント: 
大手ホスピタリティ専門大学、インバウンドビジネス人材育成にも有効。
概要: 
ベルジャヤ大学はホテル経営、観光、料理芸術分野の専門大学として2009年に設立された新鋭の大学です。運営会社のベルジャヤは小売、金融、ホテル、リゾート開発、不動産開発、食品などを手がけるマレーシアの大手コングロマリットの一つで、同大学はベルジャヤグループとの各企業と一体となり、研修、インターンショップ、就職等面で極めて有利なポジションにあります。 ベルジャヤ大学は、市内の中心地にある「タイムズスクエア」と呼ばれる市内最大級のショッピングモール内に位置しており、またモール内にあるベルジャヤ・タイムズスクエアホテルを有効に利用した実践的な研修、実習が特徴です。キャンパスは大学というよりホテルそのものを感じさせ、ホスピタリティ専門大学のイメージを強く印象づけます。

SEGi

segi.gif
一口コメント: 
マレーシア最大級規模の総合大学、学費はなんと年50万円程度(文系)!
概要: 
セギ大学は、1977年国内大手高等教育機関であるSEGi University Groupによって設立された大学です。現在は、6キャンパス(内クアラルンプール圏内に3キャンパス)に計28000人の生徒数を有する国内最大級の大学に成長しています。また同グループはマレーシア証券取引所に上場する時価総額で国内最大の教育機関となっています。 「生徒と産業双方のニーズにあうプログラムを提供する」ことを理念としており、卒業生の就職を容易にし各産業のリーダーを育成してきました。また、2011年には高等教育省より私立大学の 1st Malaysian Quality Evaluation Systems (MyQUEST)に評価されるなどの実績をあげています。それに加え、同年スバンジャヤキャンパスが大学総合評価で6スターを獲得した3大学の一つに入り、また、9評価カテゴリー中6カテゴリーで最多となる6スターを獲得しました。完成したてのコタダマンサラのメインキャンパスはコロニアルローマスタイルのドームが印象的です。英国、米国、豪州などの有名大学と提携関係を築き、ツイニングプログラム、ダブルディグリーやADPも盛んです。学費は他の有名私立大学(SUNWAY、TAYLOR'S等)の約2/3程度(年間50万円程度)とかなりの割安感があります。今のところ日本人学生は少なく英語力の上達には適した環境と言えます。

TAYLOR'S

taylors.gif
一口コメント: 
池を囲んだ美しいキャンパス、観光ホスピタリティ学部や米大学編入で有名
概要: 
テイラーズ大学は1969年にTaylor's Education Groupによって設立された私立大学です。同グループは短大、国内外で数々のインターナショナルスクールも経営するマレーシアで最も定評の高い大手高等教育機関になっています。 2009年、2011年、2013年にSetara格付けにより最上格のティア5(エクセレント)を3期連続で取得しました。また、学部ごとの格付けであるD Setaraでは、ホスピタリティ学部がマレーシア唯一となるティア6(アウトスタンディング)を取得し、ホスピタリティでトップの大学であることが証明されました。 文系、IT系の多くの学部でウエストイングランド大学(ただしホスピタリティは仏トゥールーズ大学)とのダブルディグリーとなっています。ADPは米国トップ大学への編入率が高いことで有名です。(87%の生徒が「ティア1」(上位200校)の米国大学へ進学という数値を公開しています。) 現キャンパスの「レイクサイドキャンパス」は2007年にクアラルンプール郊外スバンジャヤの一画に完成された近代的なビルであり、このキャンパス自体も数々の建造物に関する賞を受賞しています。学生は綺麗で新く気持ちのよいキャンパスで学習することが可能です。

MONASH

monash.gif
一口コメント: 
豪州トップ8の名門大学のマレーシア分校、世界ランクは東大と京大の間
概要: 
モナシュ大学は、豪州のトップ8大学(Group of Eight)の一つであり豪州で最大規模を誇る総合大学です。世界ランクでも74位(Times Higher Education World University Rankings 2017)、65位(QS World University Rankings2016)にランクされる評価の高い大学です。(ちなみにTimesランキングでモナシュより上位の日本の大学は東大のみ。) マレーシア分校は1998年にマレーシアでの最初の海外大学分校として、クアラルンプール郊外のサンウェイに開校されました。今では約5300名の生徒数を誇る規模に成長しています。マレーシア分校の学費は豪州本校の1/3程度に設定されており、更にマレーシアの割安な生活コストも加わり、極めてローコストで豪州名門大学への留学が可能となります。インターキャンパス制度があるため、一定期間を本校や他の海外分校で学習することも可能です。高校の成績に対する合格基準はさほど高くありませんが、英語力に対する要件は高めです。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer