親子留学

kosakaさんのユーザアバター

遅ればせながら「エプソムカレッジ」を登録しました。

開校は2014年ですので、少し(かなり)遅くなってしまいましたが、英国の由緒ある寄宿学校「エプソムカレッジ(Epsom College)」のマレーシア校を登録しました。(大学ではなく寄宿制インターナショナルスクールです。)

http://www.m-ryugaku.com/schools/ecim

kosakaさんのユーザアバター

マレーで学ぶ 第2回 「インター校 50万円と300万円の学費の差は?」

マレーシアの日本語フリーペーパー「Mタウン」の連載記事第2回の原稿です。

第2回 インター校50万円と300万円の学費の差は?

大原むつきさんのユーザアバター

スクールカーニバル

去る1月30日(土曜日)。
あるインターナショナルスクールにてカーニバルが開催されました。

連日のホットなホットなお天気の最中、灼熱の太陽の下にさらされるのは色々な意味で大変な一日、(麦茶だったら連続5杯飲みいけたと思うなあ、、、)
とにかく、暑い!熱い!あつ~い!そんな日だったのにも関わらず(ここは、マレーシアですからね~。)たくさんの(推定600人以上)入場者がありました。

kosakaさんのユーザアバター

フリーペーパーで「マレーで学ぶ」コラム連載始めました。第1回「マレーシアはインターナショナルスクール天国」

マレーシアの日本語フリーペーパー(週刊新聞)「M TOWN」で、「マレーで学ぶ」と題してマレーシア留学に関するコラムの連載を始めました。

kosakaさんのユーザアバター

お客様の声を頂戴しました。「右も左もわからない私たちをここまで導いてくださった暮旅さんには、本当に感謝しております。」

娘の留学の為、急遽母娘2人でマレーシアで生活することになりました。
ネットでエージェントを探したのですが、海外留学の一部としてマレーシア留学を扱った業者さんが多い中、暮旅さんはマレーシアを専門に扱っていたので、学校だけでなく生活面でも心強いのではないかと思い、お世話になることに決めました。・・・・・

http://www.m-ryugaku.com/node/1100

大原むつきさんのユーザアバター

長女の入学(2)

K2に逆戻りした長女に再度地雷を踏ませる事(ひょっとして踏まれる?)があってはいけない。

大原むつきさんのユーザアバター

長女の入学

「ねぇー、もぉー、どうして言えなかったの?」
「どうして何も答えなかったの?」
 子供の手を引き停めてあった車に乗り込む道すがら私は同じ言葉ばかりを俯く娘に 投げかけていた。
その日はインターナショナルスクールのプライマリーに入る面談日。
こちらに来てすぐに住居としているコンドミニアムの階下にあるローカルナーサリー(残念ながら何年か前に既に閉園)に入園させ、5才までいて卒園。

大原むつきさんのユーザアバター

インターナショナルスクールに子供を通わせるお母さん達。

いざ、うちの子がインターナショナルスクールという門を潜ったところ、「その校風が合わなかったらどうしたらいいの?」「英語での授業が理解できなかったらどうしよう、、、?」「お友達ができて溶け込んでやっていけるかしら、、、?」「仮に大学入学からの場合でちょっと一人前だと言われる年になっていたとしても(18歳、19歳、、、)ひとりでは何も出来ない、」「2度目のアラームが止まってやっと起きたかと思いきや見に

kosakaさんのユーザアバター

マレーシア国際教育歴18年の大ベテランをコンサルタントに迎えました!

マレーシアで国際教育を何と18年も実践してきた「大原むつき」さんがコンサルタントとしてこのプロジェクトに参加することになりました。マレーシアで親子留学が流行ってきたのは、ここ3年間くらいのことなので、18年というのはすごい数字です。

kosakaさんのユーザアバター

せっかくのマレーシアでまだ日本語教育ですか?

せっかくのマレーシアでまだ日本語教育ですか?

実はこのタイトル、1月7日発行の現地新聞「Mタウン」に掲載される弊社の広告のキャッチフレーズなんです。2日前ですが、自らリークすることにします。(下記添付画像参照)

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer