kosakaさんのブログ

kosakaさんのユーザアバター

インター校(キングスレー)視察&英語塾視察そして即決!

今日は、この4月にマレーシアに赴任された駐在員のお子様(Y7)とそのお母様をキングスレーにお連れしました。

kosakaさんのユーザアバター

嵐のような4月第一週

4月の第一週(2日~6日)はビジターラッシュで嵐のような忙しさでした。具体的には下記のご家族をお迎えしました。

①親子留学(インター校)のF様ご家族
②大学(長男様)、インター校(次男様)への同時入学を目指すA様ご家族
③4校のインター校受験を実施したO様ご家族

kosakaさんのユーザアバター

ボーディングスクール視察ツアー(サンウェイ、リアル、キングスレー)+飲茶ランチ!

昨日、インター校(ボーディングスクール)視察ツアーを行いました。お子様は、現在13歳でこの4月から中学2年生になられます。1年以内の留学開始が目途です。

既に寮施設のあるサンウェイ、リアル(シャーアラム校)に加え、1年以内に寮が完成しそうだというキングスレーの3校を視察しました。

kosakaさんのユーザアバター

APUサマーキャンプ2018(16歳以上、7月コース&8月コース)のお知らせ

マレーシアの有名私立大学APU(アジアパシフィック大学)が2018年サマープキャンプ参加生を募集中です。(7月コース&8月コース)

街の英会話学校と異なり、参加者は主として交換留学生や大学の学部入学を目指すモチベーションの高い生徒ですので、アカデミックな雰囲気の中、本気で英語を上達したいとお考えの大学生、社会人(若年)の短期語学留学に最適です。

kosakaさんのユーザアバター

インター校視察ツアー どこがベストな寄宿学校か?(KTJ、EPSOM、SUNWAY、NEXUS)

今回は2月1日&2日で、14歳のお子様の単身留学向けのボーディングスクール(寄宿学校)を4校訪問しました。
KL周辺にはインターナショナルスクールは数多くありますが(40校程?)、学生寮付きのいわゆるボーディングスクールは数が非常に限られています。また、あったとしても授業料や寮費がかなり高額だったりします。

kosakaさんのユーザアバター

インター校視察ツアー 1月16日&17日 (GIS, ISP, BSKL)

1月16日&17日の2日に分けてインター校視察を行いました。今回の依頼者はこの4月よりマレーシアに赴任される駐在員ご家族で、対象のお子様はまだ7歳と4歳という非常に若いご兄弟です。

kosakaさんのユーザアバター

ホームステイおもてなしハウス次期寮母さん募集中(今年の9月から)!

ホームステイおもてなしハウスでは、現寮母さんの任期満了にともない、今年の9月から寮母職を担当していただける方を募集しています。

おもてなしハウス↓
http://www.m-ryugaku.com/omotenashi

【条件】
・母子留学のできる方または実践中の方(お子様の学校に関してはご相談)
・料理のできる方

kosakaさんのユーザアバター

サンウェイインターナショナルスクールの入寮に同行しました。

昨日、この1月よりサンウェイインターナショナルスクールのG9(9年生)に入学する女子生徒のボーディングハウス(学生寮)入寮に同行しました。日本からお父様と一緒にお越しになりました。昨年からサマースクール(別の学校主催)、サンウェイの入試、出願のサポートとずっとこちらのご家族をサポートしてきましたので、「ついにここまで来たな!」と感慨深いものがあります。

kosakaさんのユーザアバター

大学視察ツアー 1月8日(APU,Taylors, INTI) 米国大学編入を目指して

先日、高校3年生女子生徒のご家族を連れて大学視察を行いました。この生徒様は将来NGOあるいはNPOで働きたいというご希望がありましたので、当初、国際関係部、コミュニケーション部、国際ビジネス学部などを対象に大学、学部を選考しました。

kosakaさんのユーザアバター

大学視察ツアー(ホスピタリティ・観光中心)12月26日、27日(サンウェイ、ベルジャヤ、テイラーズ)

クリスマス直後の12月26日、27日に高校3年生女子とそのお母様に同行し、3大学を訪問しました。ご家族は、来年3月の高校卒業後、マレーシアの大学でホスピタリティ学部または観光学部への入学を検討しており、今回の視察で、ほんとうにマレーシアが安心して留学できる場所か、そしてどの大学と学部が最も相応しいか、を判断するのが視察目的でした。視察した大学は下記のとおりです。

1、サンウェイ大学

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer