(豆知識)バナナって何!?マレーシア人の語学力

takanoさんのユーザアバター

あなたは何ヶ国語話せますか?

こんな質問をされた時あなたはなんと答えますか?
大半の日本人は当たり前ですが日本語しか話せないでしょう。

ここマレーシアは違います。
人種によっては5ヶ国語話せる人がいるのです!!!

簡単にマレーシアの人種について説明すると、大きく3種類に分けられます。
*マレー系ー約6割の人口を占めます。
*中華系ー約2割
*インド系ー約1割

大体こんな感じです。
公用語はマレー語ですが、都市部に住んでいる人はだいたい英語が話せます。
ほとんどのことが英語でやりとりできることから人気の留学先になっています。

言語の話になるともっと複雑になります。2ヶ国語以上話せる人がほとんどなのです。
以下にまとめると、

*マレー系ーマレー語、英語

*中華系ーマレー語、英語、北京語(いわゆる一般的な中国語)、広東語、福建語、客家、その他

*インド系ーマレー語、英語、ヒンドゥー語、タミル語、その他

圧倒的に中華系がすごいです。もちろん個人差で話せる言語の数は違うのですが基本的にマレー語&英語はデフォルト、それに北京語又は広東語が話せる人がほとんどです。

なかには上記の中国語系を全て話せる人もいたりします。
これは中国大陸から移民してきた祖先の故郷、学校教育、親の教育方針が関係しているので全ての中華系マレーシア人が同じとは言えません。
インド系も祖先の出身地等でタミル語かヒンドゥ語か別れてきます。

こんなに喋れてすごいと思われるかも知れませんが、弱点もあります。
例えば北京語が話せるのに中国語の読み書きが出来ない人はものすごくいるのです。スピーキングオンリーです。
英語系の学校に通った人はこのケースが多いです。学校では英語、家では中国語という生活なので文字を日常生活で使用しないのです。

ここまで多ヶ国語話せるマレーシア人に触れましたが、上記に当てはまらない人たちがいます。
それが「バナナ」と呼ばれる人達。
英語しか話せない中華系のことを指します。
日本だと日本語が話せなくては生活は難しいですよね?
ここマレーシアでは英語オンリーでも全然平気なのです。

さて、なぜバナナになってしまったかそれは親の教育方針が主な原因ではないでしょうか?英語系の学校に通わせ、家庭でも英語で育てる。マレー語も中華系言語も一切教育に使用しない家庭も少なからずあるのです。

特にバナナの本人たちも気にしてることなく自分からバナナだよって言ってきます。彼らは海外に留学したり就職したりしてるみたいです。

様々な人種がいるマレーシア。たくさんの言語が飛び交う中の生活も面白いかも知れません。

そうそう、なぜ「バナナ」というか当てることはできますか?

答えは外見が黄色人種(黄色)なのに中身(言語)は白人だから、バナナ。
よく思いついたんものですね(笑)

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer